親に妊娠を報告する3ステップを大学生で結婚した僕が解説する

  • まだ学生なのに妊娠。親になんて言おう
  • 親に妊娠報告をするのが怖い
  • どうやって伝えたらいいのかわからない
  • 親になんて言われるかわからない

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?

本来であれば、妊娠はとても喜ばしいこと。

親への報告は全く問題ありません。

でも、自分やパートナーが学生であったり、まだ結婚していないのであれば話は別です。

親への妊娠報告って、すごく勇気がいることですよね。

とてもよくわかりますよ。

僕は大学生だった21歳の時、彼女の妊娠が判明。結婚して家庭を持つことを決意しました。

父になることを決断した時の記事はこちらです。

関連記事>>大学生で彼女の妊娠が発覚。僕は父になる決意をした。

 

親へ報告する際には心臓がバクバクでしたねえ…。

こういうのって、絶対に突然なんですよ。

すでに結婚しているならまだしも、妊娠の発覚は急におとずれますから。

でも、今から書くことを意識すれば絶対に大丈夫。

僕が実際に経験して学んだ、「親への妊娠報告で大切なこと」をご紹介します。

現在妊娠していて不安で仕方ない、親への報告が怖いという方は、ぜひこれを参考にしていただきたいです。

勇気を振り絞りましょう。

 

親に妊娠を報告する方法3ステップ

1. 妊娠を「嬉しいこと」として伝える

「妊娠しちゃって…(させちゃって)」っていうニュアンスで報告するのは論外です。

気持ちはわかりますよ。気が動転しているし、多くの人がそういう風に報告してしまいがち。

でもそれは絶対にやめましょう。いいことありません。

「お父さんに孫が誕生するよ」とか、「子供の顔を見るのが楽しみだ」とか、妊娠したことがとても嬉しくて喜ばしいということを全力で伝えてください。

堂々としていいんです。

自分の子供が本気で喜んでいるのをみたら、怒るとかそんな感情をだしにくくなります。それが親ってものです。

 

2. もともと結婚する前提であったことを伝える

これもとても重要ですね。

「結婚するつもりなかったけど、妊娠したから結婚します」では将来が不安すぎます。

報告の際には、近々結婚するつもりでいたことを伝えましょう。

しっかりと自分の意向を伝えることができれば、必ず納得してくれるはずです。

僕の場合は、「就職したら結婚することは考えていたんだけど、それが半年間早まった」というような感じでしたね。

 

3. あらゆる質問に答えられるように準備する

妊娠を報告する方も不安ですが、報告される親だって不安です。

「これからどうするの?」「いつ結婚するの?」など、いろいろ聞いてきます。

そこで、なにも考えておらずにオロオロしてしまったらどうでしょうか。

もっと不安煽りますよそれ。

例えば、「世界一周するんだ!」って豪語している友達がいるとします。

その友達に「いくらかかるの?」「どのくらいの期間かかるの?」とか聞いて、「わからない」と答えられたらどうですか?

ものすごく不安になりますよね。こいつ大丈夫かよって。

それと同じです。

 

大事なのは、親が持つであろう疑問にきちんと答えられるようにすることです。

報告をする前に、パートナーと話し合って決めるべきことをきちんと決めておきましょう。

これからの二人の計画をしっかりと言えるようにすることは、とても重要です。

「しっかりしているな。安心できる。」と思ってもらえるレベルになれば怖いことないです。

 

僕の場合、この点においては準備不足でした…。

今考えると、なにも考えずに報告してしまいましたね。

これからの人はきちんと頭使って、そんなことはないようにしましょう。

意外と、「報告すること」に意識を向けすぎて今後は忘れてしまいがちです。

「とりあえず伝えないと」という気持ちはわかりますが、一旦落ち着いてください。

 

だれだって報告する前は不安

簡単に打ち明けられる人はいません。だれもが悩みます。

僕の場合、深夜に彼女の妊娠がわかったのですが、その日はなにもすることができずに寝てしまいましたもん。

結局、起きてからゆっくり考えてお昼すぎに父親にLINEしました。

 

最初に報告する相手は、父親と母親どちらでもいいです。言いやすい方で。

僕の場合は父親、彼女の場合は母親に連絡していました。

男は父親、女は母親が近い存在なのでしょうかね。(僕の場合は、母親がスマホを持っていないというのもあったけど。笑)

連絡する手段も、なんでもいいです。

メッセージでも、電話でも。実家に住んでいる人は直接伝えてもいいですね。

 

この記事をみて少しでも勇気が出てくれれば嬉しいです。

大丈夫。親は君が何しても味方でいてくれるから。